調剤薬局が提供する骨粗鬆症に関する解説するサイト

骨検診・骨ドッグ

骨粗鬆症を早く発見する手段として、骨健診・骨ドッグがあります。ほとんどの市町村では独自に骨健診や骨ドッグを行っていて、老人健康保険法によって、年齢次第では無料でこうした健診をうけることができるようになっています。まずは住まいの保健所や保健センター、市役所などに問い合わせてみると良いでしょう。地域の広報誌などにもそういった情報が掲載されているので、気を付けてみておくと良いかもしれませんね。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

もちろん、民間の医療機関でも骨量を測定することが可能です。一度病院に問い合わせて、骨量を測れるような健診が受けられるかを確認すると良いでしょう。骨健診や骨ドッグは、女性の場合は40歳くらいに一度測っておいたほうが良いかもしれません。女性は閉経後に骨量が急激に減ることが分かっています。その前に一度骨健診・骨ドッグを受け、自分の骨量のピークを知っておくと良いでしょう。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

その後は乳製品や魚、海藻類などから海藻類やサプリメントなどからカルシウムを補給していき、骨量の減りを穏やかにすると、丈夫な骨を維持できる可能性があります。閉経後は、年に1回は骨健診・骨ドッグを受けることをおすすめします。男性の場合は、腎臓や胃腸の病気や、長期の寝たきりの状態にならなければ、70歳くらいまでは骨健診・骨ドッグを受ける必要はないと言われています。

 

薬剤師 転職

 

神戸・三宮・元町のヨガ教室なら、ヨガインストラクターの北野 恵理