調剤薬局が提供する骨粗鬆症に関する解説するサイト

骨に食事療法について

骨を強くする食事療法についてご紹介します。骨の強化に欠かせないのはやはりカルシウム。乳製品のカルシウムは他の食品より吸収率が高いので、牛乳やヨーグルトなどを1日に200〜300ccほど摂ると良いでしょう。骨を丈夫にするためには、塩分の取りすぎに注意が必要です。味付けが濃いと塩分の量も増えてしまうので、薄味で味付けすると良いでしょう。塩分を取りすぎてしまうと、カルシウムが尿と一緒に排出されてしまいます。ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける働きがあり、日光に当たることで皮膚で作られます。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

食品では肉や魚の肝臓、バター、卵黄などに多く含まれています。アルコールはカルシウムの吸収を阻害し、ビタミンDの働きも抑えてしまうので、飲み過ぎに注意が必要です。小魚は骨ごと食べることができますし、カルシウムも多く含んでいますが、塩分の多い干し物は食べ過ぎないように注意しましょう。また、たんぱく質は大量に摂取するとカルシウムの利用を阻害します。体に必要な成分なので、大豆製品や魚、肉、卵などを使ったおかずを1品添えるようにすると良いでしょう。リンはカルシウムの吸収を悪くするので、摂りすぎには注意が必要です。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

リンは炭酸飲料や練り製品、インスタント食品、スナック菓子などに多く含まれています。食べ過ぎに注意しましょう。逆にカルシウムが強化された補助食品のウエハースやせんべいなどのお菓子を利用するのも良いでしょう。

 

薬局