調剤薬局が提供する骨粗鬆症に関する解説するサイト

骨粗鬆症学会A

医師や歯科医師及び学会役員・評議員は会費が年額8,000円かかり、それ以外に人だと6,000円です。

 

正会員になると、骨粗鬆症領域の世界・国内情報および学術集会のハイライトを掲載している日本骨粗鬆症学会誌を年に4回受け取れるほか、学会前には学会抄録号が送られてきます。

 

また、日本骨粗鬆症学会学術集会の内容や世界の動向など、骨粗鬆症に関する情報を年に1回学会ニュースとして送ってきます。

 

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

骨粗鬆粗症学会では、骨粗鬆症の予防と治療に関するガイドライン作成委員会のほか、QUS標準化委員会、BP関連顎骨壊死検討作成委員会、骨代謝マーカー検討委員会など、さまざまな委員会を立ち上げ活動しています。

 

また、骨粗鬆症学会では骨粗鬆症関連疾患の基礎及び臨床研究の発展・進歩に将来大きく寄与する独創的な研究を継続することが新進の研究者への助成・援助を目的として、研究奨励賞を贈呈しています。

 

薬剤師 求人 大阪
薬剤師 求人 神戸