調剤薬局が提供する骨粗鬆症に関する解説するサイト

骨粗鬆症に関する解説するサイト

骨量は30歳代に最大になり、その後は加齢とともに少しずつ減少していきます。特に女性の場合には閉経後に急速に減少していきます。骨粗鬆症を予防する方法には何があるのでしょうか。まず基本となるのは、カルシウムの摂取。成人一人当たり1日600mg以上のカルシウムの摂取が求められています。牛乳や乳製品、小魚、大豆製品、海藻類などのカルシウムを豊富に含む食品を積極的に摂取することを心がけましょう。喫煙はカルシウムの排泄を促し、骨量の減少させてしまいます。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

アルコールの摂りすぐにも注意が必要です。飲酒はカルシウムの吸収を悪くして、ビタミンDの働きも抑えてしまいます。カフェインの摂りすぎもカルシウム量を減少させるといわれているので、コーヒーや紅茶は1日1、2杯程度にしておいたほうが良いでしょう。骨粗鬆症を予防するためには、適度な運動も必要です。運動で骨に適度の負担がかかると骨量が増えると言われています。また、日光浴も骨粗鬆症を予防する方法としてもおすすめです。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

紫外線に当たることで皮膚の中でビタミンDが生成されます。ビタミンDは腸管からカルシウムの吸収を促進する働きがあり、骨を丈夫にします。そのため、天気の良い日は外に出て日光に当たりながら運動することをおすすめします。急に激しい運動をすると体に負担がかかるので、散歩やジョギングなどの軽い運動から始めましょう。

 

薬剤師国家試験