骨粗鬆症に関する情報サイト

骨粗鬆症について

骨粗鬆症とは、骨の量が減って骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。骨粗鬆症は古い病気で、古代エジプト文明の時代からある病気なのだそうです。

最近では寿命が延びて高齢者が増えたため、クローズアップされることも多くなりました。日本では約1000万人もの患者がいると言われていて、高齢化社会が進んでいる現在その人数はますます増えていっています。骨粗鬆症は、骨そのものがもろくなるのではなく、骨の内側である海綿骨の量が減り、複雑に絡み合った網目構造が崩れて骨が弱くなります。

中身がスカスカになった骨は簡単に折れやすくなり、ちょっとしたことで骨折してしまいます。寝たきりの高齢者の約2割が骨折と言われていて、その中でも太ももの骨である大腿骨を骨折する人が多いと言われています。

大腿骨の骨折が治っても、自力で歩くことが困難になるため、問題となっています。また、背骨が圧迫されて骨折する圧迫骨折も多いようです。圧迫骨折は背中が丸くなって内臓が圧迫されるため、消化不良や便秘に繋がります。

また、食べた物が食道に逆流しやすくなり、胸やけの原因ともなるのです。痛みのために日常生活の行動範囲が制限され、楽しみもなくなってしまいます。骨粗鬆症は、高齢者だけの問題ではなく、若年層にも骨粗鬆症の人が増えていて、決して他人事ではない状況になっています。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

骨粗鬆症の予防法について

骨量は30歳代に最大になり、その後は加齢とともに少しずつ減少していきます。特に女性の場合には閉経後に急速に減少していきます。骨粗鬆症を予防する方法には何があるのでしょうか。まず基本となるのは、カルシウムの摂取。成人一人当たり1日600mg以上のカルシウムの摂取が求められています。牛乳や乳製品、小魚、大豆製品、海藻類などのカルシウムを豊富に含む食品を積極的に摂取することを心がけましょう。喫煙はカルシウムの排泄を促し、骨量の減少させてしまいます。アルコールの摂りすぐにも注意が必要です。飲酒はカルシウムの吸収を悪くして、ビタミンDの働きも抑えてしまいます。カフェインの摂りすぎもカルシウム量を減少させるといわれているので、コーヒーや紅茶は1日1、2杯程度にしておいたほうが良いでしょう。骨粗鬆症を予防するためには、適度な運動も必要です。運動で骨に適度の負担がかかると骨量が増えると言われています。また、日光浴も骨粗鬆症を予防する方法としてもおすすめです。紫外線に当たることで皮膚の中でビタミンDが生成されます。ビタミンDは腸管からカルシウムの吸収を促進する働きがあり、骨を丈夫にします。そのため、天気の良い日は外に出て日光に当たりながら運動することをおすすめします。急に激しい運動をすると体に負担がかかるので、散歩やジョギングなどの軽い運動から始めましょう。

 

骨に食事療法について

骨を強くする食事療法についてご紹介します。骨の強化に欠かせないのはやはりカルシウム。乳製品のカルシウムは他の食品より吸収率が高いので、牛乳やヨーグルトなどを1日に200〜300ccほど摂ると良いでしょう。骨を丈夫にするためには、塩分の取りすぎに注意が必要です。味付けが濃いと塩分の量も増えてしまうので、薄味で味付けすると良いでしょう。塩分を取りすぎてしまうと、カルシウムが尿と一緒に排出されてしまいます。ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける働きがあり、日光に当たることで皮膚で作られます。食品では肉や魚の肝臓、バター、卵黄などに多く含まれています。アルコールはカルシウムの吸収を阻害し、ビタミンDの働きも抑えてしまうので、飲み過ぎに注意が必要です。小魚は骨ごと食べることができますし、カルシウムも多く含んでいますが、塩分の多い干し物は食べ過ぎないように注意しましょう。また、たんぱく質は大量に摂取するとカルシウムの利用を阻害します。体に必要な成分なので、大豆製品や魚、肉、卵などを使ったおかずを1品添えるようにすると良いでしょう。リンはカルシウムの吸収を悪くするので、摂りすぎには注意が必要です。リンは炭酸飲料や練り製品、インスタント食品、スナック菓子などに多く含まれています。食べ過ぎに注意しましょう。逆にカルシウムが強化された補助食品のウエハースやせんべいなどのお菓子を利用するのも良いでしょう。